SEO
対策

2012-20XX

seoはECサイトに限らずネット上で集客したい個人も法人も意識していることです。
また、グーグルのアルゴリズムを追いかけていろいろやっている人もいるでしょう。
もちろんこれらの動きは良いことです。

しかし、seo対策のもっとも効果的な施策は当然コンテンツの質の向上です。
ユーザーにとって有益な情報はそのままグーグルにとっても有益な情報です。
前提としてグーグルはこの理念をもっており、そしてそれを実現するために
日々アルゴリズムを改善しています。

本音を語る

この理念は知っておかなければなりません。またブラックハットseoが悪とされる理由も
そこにあります。グーグルは検索エンジンへの対策をしてくるサイト運営者を嫌います。

極端な話、ホワイトハットであったとしてもseoはしないでほしいというのがグーグルの本音です。

サイト運営者はもちろんキーワード選定などのホワイトハットseoを行っていますが、
これすらもグーグルにとっては辞めてほしい取り組みなのです。

そんなことをする暇があったら少しでもユーザーにとって
有意義なサイトにしてくれというのもグーグルの本音のひとつです。

望ましいスタンス

どの検索ワードでどのサイトを表示するかというのはグーグルが決めたいことなので
狙ったのではなく、ユーザーにとって有益なサイトを作っていたら
たまたまそのワードで自分のサイトが掛かった、というスタンスが
望ましい本来の形です。


そうはいってもそれだと不安なので、グーグルになるべく
違和感を与えないように工夫することが重要です。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用