SEO
対策

2012-20XX

キーワードを用いたseoは、ユーザーとグーグルを満足させるという意識が重要です。

その検索ワードで調べた人が何を知りたいのかを考えて、それにマッチしたサイトコンテンツを作ればグーグルはそれを評価します。もちろんユーザーも満足します。最近のseoはキーワードそのもので検索エンジンに引っ掛けるというよりは、その検索ワードで調べた人にとって有益な情報かつ見やすいコンテンツだから表示されるというレベルにまで進化しています。

そのため検索ワードの選び方としては、そのユーザーの潜在的なニーズを探ることが重要です。少なくともワードの数にこだわるのではなく、タイトルに含めることで、わかりやすくするためと考えてください。現在のseoの基本はユーザー満足度を高めるコンテンツを作成することで、結果的にグーグルにも拾われようです。

キーワード選びも含めてその意識をもつことが重要です。グーグルの意志やアルゴリズムがどのようにアップデートされているのかをなんとなく探っておくこともseoの観点では良いことですが、ユーザーを無視してグーグルにアピールすることは自分で自分の首を絞めていると思っておいて間違いないです。

たとえるなら、好きな人にだけ自分をアピールして他の人から嫌われると、結果的にその好きな人にも嫌われる感じです。

グーグルはみんながWINWINの関係であることを望んでいるので、他人の満足度を犠牲にして自分をアピールする存在を嫌います。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用