SEO
対策

2012-20XX

seoとリスティング広告を比較してどちらが良いというのはありませんが、多くの人に認知させたいという目的は同じでも手法がまったく異なるのでそもそもの比較が難しいです。

大手企業などであれば、seoにもコンテンツ力のことから自動的に有利ですが、合わせてさらにリスティング広告を行う場合もあります。

これは、大手企業の目的はサイトに集客してそこで完結するものではなく、そこから自社の本業であるサービス提供に結びつけることが目的だからです。要するに、あくまでもサイトの運営は集客の一環だからこのような戦略が成り立つのです。逆にサイトに誘導してそこから広告収入を得るタイプのビジネスであれば、サイトへの誘導それ自体が目的です。

その場合はリスティング広告は収益性が低くなることになります。なぜなら一回一回の広告収入はそれほど高いものではない場合が多いので、費用対効果が薄くなってしまうのです。こういった形態の薄利多売のようなビジネスであれば、seo対策に特化した方が良いでしょう。

また、seo対策と言っても、最近のグーグルの人工知能は優秀で、あからさまなseo対策は圏外に飛ばされます。

もともとグーグルの理念はユーザーにとって最適なコンテンツを提供することなので、seo対策という行動自体嫌っています。

しかしサイト運営側からすれば検索で上位に行きたいので、対策を行っているという構図なのです。
そのため基本的にseo対策の存在感は消す方向性が望ましいです。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用