SEO
対策

2012-20XX

グーグルはseo対策を行うことで検索エンジンを最大限効率的かつユーザーにとって最適なものにしようとしています。

最終目的はユーザーが何かを検索したときに一発でネット上にあるサイトのなかで一番有益なサイトにたどり着くことです。そのためブログやサイトに訪問者を増やしたい、seo対策を行うユーザーはそのことを常に意識しておく必要があります。

ひと昔前は、たとえそれがユーザーにとって見にくいサイトになったとしても、検索されるワードをやたら多く含むなどの対策で上位表示されたりしていました。
しかしこれはグーグルがそのようなseoを望んだからではなく、単にグーグルがまだ未熟な状態であったためにその穴を突かれた形です。

当然グーグルはこのようなseo対策をされていることを知れば、そのブログやサイト運営者の存在を邪魔に思うでしょう。そしてもちろんそのようなブログ、サイト運営者を排するアルゴリズムを目指します。結果的に現在ではユーザーの満足度を無視して読みにくいほど検索ワードを放り込むようなことをすると、効果がないどころかマイナス評価を受けます。

それも少しのマイナス評価ではなく一気に検索順位が圏外に飛ぶようなレベルのマイナスポイントになります。

グーグルの目的はユーザーの満足度の最大化であるため、ブラックハットseoを行うようなユーザーは多少良いコンテンツを作っていたとしても排除したいのです。そうして優良なサイトだけを残したがります。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用