SEO
対策

2012-20XX

ネットを利用する際に自身が望む情報を取得したいと考えたときに、当然ながらその情報がより細かくかつ正確に乗っているサイトに入りたいというのがニーズです。
その細かくかつ性格に情報を乗っているサイトを見つける上で、個人団体問わずに掲載する際に考えるのがseoとインターネット広告なのです。

一番ネット上で使われるのがseoであり、seoはサーチエンジンオペレーションの略で、ホームページで掲載している情報を検索エンジンで検索したときに上位に表示されるようにするための技術のことを言います。seoは情報をブログもしくはホームページに乗せたときにネット上に掲載すると、ヤフーやグーグルなどの検索会社にある専用の情報処理機が自動で閲覧することで情報を取得し検索をかけたときにその一部分が掲載されるというわけです。

そしてインターネット広告とは何なのかというと、別名リスティング広告といわれ個人団体がヤフーやグーグルと契約をしてもらうというものです。この2つの掲載方法は情報を取得したい人間にとって探しやすくすることで検索数を伸ばすという部分は同じです。

ただ明確な違いがあるとすれば、この2つの間には掲載までの時間差があります。seoは検索企業の情報処理機が掲載された情報のサイトに入り込むことで検索欄に乗るのですが、似たような情報の掲載の処理やまた当然ながら山ほどあるサイトに一つずつ処理機が入らなければならないので掲載までに時間がかかります。

インターネット広告の場合はあらかじめ掲載したい情報をヤフーやグーグルに適正料金を支払うことで契約するので、seoと違い掲載までの時間はほぼ無いという違いがあります。

SEO対策の目的   効果   リスティング広告   キーワード   検索サイト   ECサイト   インターネット広告   メリット・デメリット   ホームページ   費用